第一次在國家音樂廳欣賞純粹的原住民傳統音樂,是場特別珍貴的相遇。原住民的傳統音樂大多非以供單純賞玩的表演為目的,而是與生活社會文化息息相關。將這些樂舞傳統從原生土地遷移搬上國家音樂廳舞台,會呈現什麼樣的面貌?《太陽的女兒》透過娓娓道出屏東佳興部落女頭目孫江萬花的生命故事,牽引出排灣族的出生、成長、戀愛、結婚地歌謠,小心地將再現音樂與排灣族社會的關係,邀請觀眾認識的,不僅僅是寶貴音樂藝術,更是該排灣族獨特的生活文化,乃至豐富了對台灣原住民族的多元視野。除了美麗的音樂,印象最深的便是他們的傳統服裝,那精緻瑰麗的刺繡與飾品,美得讓人不捨移目。

太陽の娘
昨日、兄と国家音楽庁へ「太陽の娘」のコンサートを見に来ました。台湾の原住民族の伝統的な音楽は大抵単純な演出だけではなく、自分の社会と文化に関するものです。「太陽の娘」は屏東佳興部落の女性の頭目で物語を話し、パイワン族の出生、成長、恋、結婚で歌をつながり、音楽とパイワン族の生活の関係を再現しました。観衆は珍しい音楽芸術を聞くだけではなくパイワン族の文化をもっと知りました。更に台湾の原住民族の認識は豊かになります。美しい音楽以外で、一番印象的なものは彼らの伝統的な服装です。緻密に華やかな刺繍とアクセサリー、美しさに目を奪われました。台湾の原住民族の音楽は魂に触れる魔力があると思います。よかったら、原住民族の音楽を聞いてみてください。

 

http://tifa.npac-ntch.org/2017/tw/music/story-of-the-daughter-of-the-sun/

 

文章標籤

創作者介紹
創作者 小鈍鸚 的頭像
小鈍鸚

飛天小笨鯨

小鈍鸚 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()