我在體會一種跟「空」、「無」有關的智慧。

「不足」也有好處。

當認識到自己的不足時,才能迎進新的事物。

當擁有某些事物時,也可能被那些事物侷限。

這讓我想到東方的藝術常常強調「留白」,也就是透過「空白」引發人無限的想像。

所以是不是生命中也需要「留白」?那給了我們探索、創造、對話、學習的可能性。

對我來,這也是種浪漫。

 

 

「空」、「無」の知恵を味わってる。

「足りない」もいいことだと思う。

自分の不足に気付き、新たなことを受け入れる。

何かを所有したら、それらに囚われるかもしれない。

東洋美術の「余白」の審美を思い出す。「余白」は無限の想像力を刺激する。

生活には「余白」が必要だと思う。

そんな空間は私達に探求、創造、対話、学習の可能性を与えてくれる。

私にとって、それはロマンだ。

 

私は、一種の「空」と[無」に関する知恵を体得中である。

「足りないこと」もいい事である。

自分に何かが足らないことを認識して、初めて新しいものを迎い入れることができる。

ある物を有せば、その物に拘束される。

この事が私に東洋芸術が常に「余白を残す」ことを強調していることを、考えさせてくれる。即ち「余白」を透して人の無限の想像を引き起こすことである。

だから、人生においても「余白を残す」ことが必要ではないか。

そうすれば我に探求、創造、対話、学習の可能性を与えてくれる。

私にとっては、これは一種のロマンである。 (Panda )

 

I am pondering some wisdom about “emptiness.”

It seems that ”insufficiency” has merits. Only accepting my own insufficiency of myself, can I welcome new things. Certain things may confine me.

This reminds me of the oriental aesthetic value of "leaving things blank".

Our endless imagination can be stimulated by leaving blank starkness.

So, is it necessary to have a blank space in our lives?

Perhaps so - this gives us a possibility to discover, create, exchange and learn. For me, it is very romantic.

 

文章標籤

創作者介紹
創作者 小鈍鸚 的頭像
小鈍鸚

飛天小笨鯨

小鈍鸚 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()