唐寅是中國明代著名的文人,尤善山水畫及人物畫,在中國藝術史上佔有一席之地。但他之所以在廣為中國人所知,主要是因為他在民間傳說給人風流才子的印象。然而事實上,他的ˋ真正的人生際遇和傳說大不相同,過得是很坎坷的一生。《桃花庵歌》是感情豐富且意境優美的詩,當了解他的生平再來讀《桃花庵歌》,感受更為深刻。

桃花塢裡桃花庵,桃花庵下桃花仙。 桃花仙人種桃樹,又摘桃花換酒錢。」讓人看到一幅美麗浪漫的景像,詩人將自己比作桃花仙人般愜意自在。「酒醒只在花前坐,酒醉還來花下眠。 半醉半醒日復日,花落花開年復年。但願老死花酒間,不願鞠躬車馬前。」他天天喝酒賞花過日子,寧願當瀟灑的隱士也不願追求功名利祿。「若將花酒比車馬,彼何碌碌我何閒。」那些人還不如詩人能享有這樣的閒情。「別人笑我太瘋癲,我笑他人看不穿。 不見五陵豪傑墓,無花無酒鋤作田。」這段話特別感動人,也是我最喜歡的句子。看似灑脫的人生態度,卻隱藏了詩人仕途失意的無奈,他的人生體悟也值得我們省思。

 

唐寅は中国明代に活躍した文人である。彼は人物と山水得意とし、中国古代芸術史中で最も重要芸術家である。彼は有名な理由は民間伝説の中で風流才子として有名でしかし、実際彼は数奇な運命をたどった。彼の人生を知ってから、この詩を読むともっと深く感じることが出来る桃花庵歌は感情溢れて美しい詩と思います。

「桃花場裏の桃花庵、桃花庵真の桃花仙。桃花仙人は桃樹を植ゑ、又桃花を摘んで酒銭に換ふ。」読者に美しい夢のような景色を見させって、詩人は自由な仙人を喩えます。「半醒半酔 日また日、花落ち花開き 年また年。

ただ願はくは老いて花と酒の間に死せん、車馬の前に鞠窮するを願はず。」彼は毎日花を見たり酒を飲んだり、むしろ(いき)隠者になっても、出世を求めたくありません。「もし貧賎をもって車馬に比ぶれば、他は駆蝕するを待 我は閑を得。」彼らは私のよう楽しむ気持ちがありません。

「別人我を笑ふて風顛かと試がふも、我は他人の看不穿を笑ふ。見ずや五陵豪傑の墓、花なく酒なく鋤かれて田となるを。」その文は特に心に響きます。私好きな文です。一見したところ、飄逸な人生観が、彼の詩人の官吏になる道で味わった失意の気持ちを隠しています。

☆漢詩☆「桃花庵歌」悠々脱俗の気分を歌うhttp://blog.livedoor.jp/usagi0816/archives/826480.html

真實的唐伯虎那麼慘

https://www.youtube.com/watch?v=CLpNA-mjyM4

唐寅wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%AF%85

《桃花庵歌》

http://ppt.cc/Pn2t

小鈍鸚 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()